事業全体説明

09年度事業案内

2009年度事業案内

山村再生支援センターは、平成21年度、林野庁補助事業「社会的協働による山村再生対策構築事業」に基づき、以下の事業を行います。

■山村きぎょうマッチング支援

山村の再生には、企業や都市の理解と協力が大きな力となります。 とりわけ、企業等が山村の森林資源をはじめとする資源を有効に活用し、 山村とともに持続的に利用することは低炭素社会における新たな産業のあり方となります。 山村再生支援センターは、山村と企業のマッチングを促進するための支援を行います。 また、山村と企業等との新しい協働のしくみについての普及活動にも取り組みます。 山村きぎょうマッチング支援は、主に以下の4つの分野を中心に実施します。

  1. 森林による二酸化炭素吸収、石油・石炭から木質バイオマスへの燃料転換による二酸化炭素排出削減
  2. 木質バイオマス安定供給
  3. 新素材・エネルギー事業化
  4. 教育・健康事業化

くわしくは、山村きぎょうマッチング支援

山村きぎょうマッチング支援は、山村側、企業側それぞれに対する支援を行います。

1)山村へのサポート
  1. 森林による二酸化炭素「吸収量」、石油・石炭を木質バイオマスへ燃料転換することによる「排出削減量」を
    クレジットとして買い取るための支援、
  2. 林地残材等の木質バイオマスを発電、熱利用等の需要者に安定的に供給する協定の締結やセーフティネット支援、
  3. 新素材・エネルギーの事業化のための支援、
  4. 教育や健康分野での事業化の支援

等を、山村の自治体や民間団体等に対して行います。
くわしくは、山村へのサポート

2)企業へのサポート
  1. 石油・石炭を木質バイオマスへ燃料転換することによる「排出削減量」をクレジットとして買い取るための支援、
  2. 木質バイオマス等の需要者に対する供給側とのマッチング支援、
  3. 山村・森林の未利用資源を活用した新技術、エネルギー等の事業化にかかる支援、
  4. 山村への健康・教育等の分野でのニーズに応じたマッチング支援

等を企業に対して行います。
くわしくは、企業へのサポート

■国内クレジット創出、オフセット・クレジット創出支援

2008年度後半から本格的な制度導入がはじまった国内クレジット制度、 オフセット・クレジット(J?VER)制度について、山村側における地域での活動支援や専門家の派遣、 買い手となる企業等とのマッチング支援、審査手続き等の支援や検証費用の助成を行います。
くわしくは、国内クレジット創出、オフセット・クレジット創出支援

2009年度事業に対するお問い合わせは、こちらの問い合わせフォームからお願いします。

全体概念図

↑Page Top